2019/06/17

あなたのショップを売れるようにするための基本のキ!ミンネ・クリーマ・BASEの初心者さんが押さえるべきこととは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。

こんにちは。田口さやかです。

今日は、あなたのハンドメイドショップを売れるようにするための『基本のキ』
について書いてみようと思います。

実際に、この『基本のキ』の存在をしっかり押さえたことで
売り上げが上がったクライアントさんはたくさんいらっしゃいます♪

難しくない”基本のキ”ですので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速いってみましょう〜!

ショップから伝わってくる雰囲気が第一印象!

先日、雑貨を作っていらっしゃる作家さんのコンサルをしていたのですが、
ショップを拝見していて一つ、無意識に伝わってくる雰囲気のようなものがありました。

それは、

あれ? 
この作家さん、本当は”売れたらどうしよう〜”って思ってやしないかな?

田口さやか

という雰囲気でした。

ぎっ、ギクっ・・!

作家さん

本当は、いざ売れたら困っちゃう自分がどこかにいる様なことって
あなたも経験したことは無いでしょうか?

私は何回もあります^^

海外にショップを始めた時もそうだし、その他、
セミナー募集を初めてした時も本当はドキドキしていました。

もちろん売りたいから販売しているし、
できたら沢山の人に提供出来る様になりたいと願っているのだけど

心のどこかで、売れないでいる方が、
実は売れるよりも気楽で
心地が良かったりするんですよね。

自分が努力したり、ドキドキしたり必要もないし!

もちろん売りたいから販売しているし、
できたら沢山売れる様になりたいと願っているはずなのですが、

無意識のうちに相反する感情があって、
自分を無意識に止めていたり
売れない状態のままでいさせようとしたりする
んだから、

しみじみ、人間って複雑な生き物だな〜と思います。

売れると困る状態とは?

ネットショップでもお教室の運営などでも、
あなたはこんな経験はありませんか?

商品はもちろん売りたいけれど、
いざ売れたら面倒だな〜と感じてしまったり、
ちゃんと出来るかな?と漠然とした不安を感じたり。

実は、”売れると困る” という状況を引き起こすのは、主に2つの要因があると思います。 

その①準備が不完全

販売となると、
制作出来ることや作品を完成させるだけでなく、

  • 梱包の方法を考えたり
  • メッセージカードやショップカードを用意したり
  • 実際に梱包をしたり、
  • 郵便局にいったり
  • お客様に連絡をしたり
  • お客さんへ返信したり
  • 他のサイトに出しているリストの在庫数を変更したり

地味〜に、やることがたくさん発生しますよね。

これのどれかが抜けていたり準備不足だったり良く分かっていなかったりすると、

やばっ!売れちゃったから
急いであれも用意しなきゃ、これも準備しとかなきゃっ!

と焦ってしまったりします。

こんな風に、”まだできていない”という状況のままでいること自体が、
”売れる”ということを無意識のうちに遠ざけている1つの理由になることがあります。
 

その②自分の作品に自信がない

2つ目の困る理由は、自信のなさです。

作品を売りたい!売れるようになりたい!できればたっくさんね!

作家さん

口に出ることはそうなんだけど、心の奥では

このクオリティでお客さんに提供していいのかな?
もっと上手な人はたくさんいるし、果たして私ので良いのだろうか?
後から何かムレームとかあったらどうする?変なお客さんだったら。。?
(っていうか、売れすぎて寝る時間なくなったらどうしましょ。)

作家さん

そんな気持ちになることって、
誰でも1度は経験したこのがあるんじゃないかなと思います。 

人は不思議なもので、
売れたい!変わりたい!と言いながらも、

本当は、今ある安心安全な生活を乱されたく無い
という気持ちが無意識に働いて現状を変えにくくしてしまっている
ということがあります。
 

しかも、これはほとんどの場合無意識なので、

ショップ運営の際も、
売れたらどうしよう、売れたら面倒だな・・
という胸の声に蓋をしたまま、

売れないことに悩んだり、

”売れる方法”というものを見つけようとしてしまったり
売れないからと言って新作作り次々と着手してしまったりすることってあると思うんです。

まさに、自分で売れなくさせながら
売れないことに悩んでいるという、自作自演のループ。

忙しくさせている要因の一つかも!

売れるためのポイントは、売れたら困ることをなくしておくこと!

とっても単純ですが、

売れても困らない状況をいかに事前に用意しておいてあげられるか?

が、実は売れるためには
ものすごく重要だったりする様に思います。
(私の経験上^^)

そして、重要なポイントは、

売れて困る・困らないは物理的な問題だけでは無い

ということです。

売れた後の用意ができていないと、

「やばっ、売れちゃった!どうしよう」

となってしまうので、無意識に売れる為の工夫をしづらくなったりして
販売に結びつきにくいという事を上で書いたのですが、

実はこの”準備” というのは
物理的な準備だけではなく、
気持ちの面がものすごく大きく影響しているので、

”私の作品は、当然売れてもいいものだ”

と思えているかどうかが、
実は販売にはとっても大きなポイントになる様に思います。

例えば
部活の顧問の先生を例にしてみると、

もし自分毎年インターハイに生徒を送るような顧問の先生だとしたら、
きっと「私が教えた生徒はインターハイにいけて当然だ」と思うと思うんですね。

でも、もし自分が長年”地区大会敗退”が続く先生だとしたら、
きっと「今年もみんな初戦敗退かもしれない・・県大会はどうせ難しいだろうな」

と弱気のまま教えてしまうと思います。

こんな風に精神状態を比べ眺めてみると、
先生の醸し出す雰囲気だけでなく、さらにその先にの
言動そのものもどんどん差が出てきそうだなと予想がつきますよね。

結局、こんな風に
自分が自分のことや自分の商品の事をどう思っているか?という
セルフイメージで、実際に出せるものやできる行動が変わってくる様に思うのです。

日本人はどうしても
謙遜が美徳の様なところがあったりするのですが、

”私の商品なんか・・”

と思ってしまうと、

行動や工夫さえも無意識のうちに制限してしまい、
ほんとうに売れにくくなってしまう様に思います。

この感情を取っ払うだけでいきなり売れ始める
ということはよくあることで、

私のコンサルでは「どんな思い込みを持っているかな?」
ということをお話する中で感じ取り、
不要な思い込みがあれば一緒に取っ払っていきます。

ココロもアタマも売れる体質にすることがポイント!

まとめ*

今日は、あなたのハンドメイドショップを売れるようにするための基本のキとして、
売れた時の準備を事前に整えておく重要性
について書いてみました。

売れる というのは、
誰からお金を支払って頂くということ。

だからこそ、当然責任だったり緊張感だったり不安が付きまといますよね。

元からドキドキせずに販売できる人なんていないはず・・!

田口さやか

この感情を楽しみながら自信に変え、
気持ち的にも「売れることが当たり前」でいることができたら、

これが、
ショップの運営方法や集客の工夫・文章・お客さんへのメッセージなど
行動の端々ににじみ出て、
ショップの売れ行きを少しずつ左右していくんじゃ無いかなと思います。 

じわじわとね!

ちなみに、

今回の作家さんのショップは、
意識を変えてもらっただけで1ヶ月ぐらいから本当に
”販売” が多発する様になりましたよ!

 

売るための”事前の準備”、
ぜひ参考にしてみてください♪

ネットショップで起業するまでの赤裸々ストーリーは
無料メルマガで配信中です♪

おすすめ関連記事

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。
 

Copyright© ネット販売サポート田口さやか , 2019 All Rights Reserved.