2018/06/30

ミンネの新機能『ピン留め』が便利!売上アップに繋がる5つの使い方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。

ハンドメイドサイトminne(ミンネ)で、2月6日から新機能として
『メッセージのピン留め』

という機能が加わりました。


このメッセージのピン留め機能は、

メッセージ管理が楽になるだけでなく
販売方法にも応用が効くので、
ショップ運営が一段階グレードアップする事間違いなしです!

私も、心待ちにしていた機能でした(^_^)

昨日出たばかりの新機能ですが、
今日はこのピン留め機能の説明と、
ショップを運営する上で売り上げUPにも直結する
ピン留めの便利な5つの活用方法をお伝えしようと思います。

ミンネのメッセージ欄に機能『ピン留め』

まず『ピン留め』機能とは何でしょうか?

以下minneさんからの説明です。

WEB版のメッセージで特定のメッセージをピン留めできるようになりました!

メッセージのピン留め機能は、重要なメッセージや頻繁にやりとりする相手のメッセージを最上部に固定できる便利な機能です。メッセージ一覧や詳細にある画鋲のマークをクリックするだけで簡単に設定できます。

どの順番から設定してもピン留めで固定したメッセージが最上部に表示されます。新着のメッセージが届いても大事なメッセージが下に流れてしまうことがなく、ピン留めしたメッセージをいつも見える場所に固定することができます!

メッセージの返信漏れを防いだり、重要な連絡を覚えておくための手段としてぜひご活用ください。

minneのメッセージは、一度開いてしまうと未読に戻す事ができないので
たくさんのお客様とメッセージのやりとりをしているうちに
メッセージが紛れてしまい、

誰に返信が必要だったのかがわからなくなってしまう・・

という事が度々ありました。

こんな時に、「後で返信しよう♪」 という自分の中の目印として
ピン留めで特定のメッセージを目立たせる事ができるんですね。

Gmailやヤフーメールで☆印をつけておくのと同様な仕組みです。

しかも、このメッセージに目印がつけられるようになった事は
返信のし忘れを防ぐだけでなく、
実は作家さんがさらにショップ運営を盛り上げる上でもかなり役立つものなので

そこで、実際に私がこれから使っていきたいと思っている
ピン留めの5つの活用方法を1つずつご紹介しようと思います。

メッセージのピン留め機能でできる5つの事

①返信を忘れずにできる

まずはこれです。

「後で返信したいお客さん」へのメッセージにピンを打つ事で、
一度開封してしまったメッセージであっても
常に最上位に表示される
ので、確実に返信が可能です。

お礼のメッセージや
お問い合わせの回答など、スムーズに送る事ができますよね♪

②リピーターさんや特別なお客さんにこちらから連絡しやすい

minneのメッセージは基本的に、
お客様からのメッセージの最新順に表示がされるので

自分からいざ過去のリピーターさんや特定の誰かにメッセージを送りたい時には
その人との過去のメッセージ履歴を探したり購入履歴をさかのぼったりしなければ
なりませんでした。

お客さんが増えれば増えるほどメッセージ履歴も増えていきますので
その中から特定の方を見つけ出すというのは、とても地味ですが
結構大変な作業ですよね。

でも今回のピン留め機能を活用すれば、
いつも買ってくれるリピーターさんや自分のお友達など、
作家がこちらから連絡をしたい方 を目立たせておく事ができるので
気軽にメッセージを送る事ができますよね。

例えば、

・新作を待っていてくれた人へこちらからご連絡する
・リピーターの方へ特別なご案内をする

など、
こちらから特定のお客さんへのアクションが
起こし易くなるので、
その分販売の機会を自ら増やすきっかけを作り出す事が可能
です。

③オーダーメイドが受けやすい

私のショップでは、既存の商品を購入するお客さんがほとんどですが
月に5人くらいオーダー依頼を下さる方がいらっしゃいます。

日々、発送のご連絡を何名もの方にメッセージしている中だと
どうしてもオーダーメイド依頼の方のメッセージが
多くの発送完了メールに埋もれ易くなってしまい
オーダー依頼のお客さんとのメッセージを探すのに一苦労でした。

商品作成・掲載・発送と、たくさんの事をこなしながら
ネット販売をしている作家さんにとって
お客様管理やメッセージを1つ1つ探す時間というのは
できるだけ短く効率よく進めて行きたいところ
だと思います。

ピン留め機能によってオーダーメイド依頼のメッセージと既存のご注文メールを分けられる
というのは、オーダーメイド依頼を受け入れる1つのきっかけにも
なるかもしれません♪

④たくさんのリクエストをピン留めで保存

商品のご注文時や発送完了などのメールのやりとりをする中で
お客さんから意外なリクエストをいただく事があるかもしれません。

「実はこういう商品が欲しくて、このショップにたどり着きました」
「大きいサイズがあったら嬉しいです」

など、ちょっとした要望というのは、
実はショップの商品を考える上でもとっても貴重だったりします。

普段、一人で黙々と作っている作家さん達と
セミナーやコンサルでお話するとよく言われるのが

「自分の感覚だけで商品化しているので孤独。」
「お客さんがどんな人なのかは、あまり考えた事がない」

という事です。

商品販売というのはもちろん
提供者である作家さんが作ったものを
「いいな」と思ったお客さんが購入するという流れですが、

実はお客さんの声を元に商品を作ったほうが売れやすい
という事があります。

なぜなら、、その方がすでに「欲しい」と思っている商品だからですね^^

そう考えるとお客さんからのちょっとした意見だったり
リクエストを保存してストックしておけるのは
新商品を定期的に出す上でもとても便利だと思います♪

⑤嬉しいメッセージを保存できる

商品を販売していると、時々お客さんからの
お礼メッセージを共に、実際に商品を使ってくれている写真を
添付して頂くことがあります。

こういった写真やメッセージを頂ける事は
提供者として本当に嬉しくて楽しい瞬間なんですが
同時に、他のお客さんや購入を迷っている人にも参考になるものだったりします。

例えば実際に買ってくれたお客様のレビューや着画
などは自分のブログでご紹介する事もできますし、

実際に買ってくれた方からの感想というのは
作家本人の言葉より信憑性があったりします。

お客様からの感想やお送りいただく写真というのは
ショップ側だけでは絶対に手に入れる事ができない宝物のような財産
なので、それをしっかり保存しておける
というのも、ピン留め機能で応用できる事だと思います。

ピン留め機能の使い方

ピン留めの方法はとても簡単で、
ピンをつけておきたいメッセージのページの右上にある
「ピンを留める」をクリックするだけ。

このように、未読のメッセージの上に、ピン留めのメッセージが表示されるようになります。

※メッセージの詳細で「ピンを留める」または「ピンを外す」を行い、
メッセージ一覧へピン留めの状態を反映する場合はページの再読込を行うことで反映されます。

まとめ

今日はminneのメッセージの新機能「ピン留め」について
そのオススメの活用方法を5つご紹介しました。

ネット販売のメッセージというと、
注文に関しての業務連絡や
相手からの問い合わせに対しての返信など、
どちらかというと受け身な感じで使う事が多いかもしれませんが

唯一お客さんと繋がれるこのメッセージを活用する事で、
工夫次第で販売のチャンスを増やしたり
素敵な商品開発のヒントをもらえるように思います。

私もminneの素敵な機能の恩恵を受けて
積極的にお客さんと楽しくやりとりをしていきたいと思います。(^_^)

何か参考になれば幸いです。

minneなどのハンドメイドサイトで副業から起業への
道のりを軌跡をつづったメルマガはこちら⬇︎


ネット販売のヒントもたくさん詰まっていますので
宜しければぜひ♪

おすすめの関連記事

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。
 

Copyright© ネット販売マーケッター田口さやか , 2018 All Rights Reserved.