本当は教えたくない!?『集客用ブログ』書き方の極意と、情報公開の葛藤の消し方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。

先日、オンライン講座を受講頂いているメンバーの方々と
初のオンラインミーティングを開催したのですが、

そこで、こんなご質問を頂きました。

『ブログ発信に関して、役立つ情報を書くといい』と言われましたが、

自分が培ってきた知識や情報を出してしまうと、
自分からそれが抜けて行って、どんどん空っぽになってしまう気がして・・
どうも思うように踏み出せません。

悩める作家

という内容でした。

実はこの気持ち、とても良く分かるんです。

というのも、

以前私は全く同じところで悩んでいた事がありました。

・持っているものを出したくない。
・出す事にすごく抵抗がある。
・教えたいけど、、どこまで教えるべきか。

ブログ発信に関わらず、
商品を販売する”提供者”という立場であれば、
誰もが一度は葛藤を感じる部分だと思います。

今日は、そんな気持ちのモヤモヤとの付き合い方について
私の昔の苦い経験から、書いてみようと思います。

うまくいかない時に言われた師匠からの衝撃的な一言

今でこそ、ブログセミナーを開催したり
オンライン講座の中でもブログ集客を教えたりする機会を頂いていますが、

以前、”ブログからセミナー集客をする” という事を始めたばかりの私は、
ブログ集客の感覚が全くつかめず、
寝ても覚めても人が集まらないという時がありました。

そんな時、私の師匠にこんな事を言われたんです。

ブログのポイントはね、知っている事を出し惜しみせずに書く事だよ。

師匠

これを聞いた時、いまいち腑に落ちないどころか

うーん・・。それは無理っすね・・。

田口さやか

と思っていた自分がいました。

だって、

私が頑張って得てきた良い情報や知識、ノウハウを全て書いてしまったら、
セミナーで話す事がなくなるし、そもそも
私がセミナーを開催する必要がなくなってしまう・・。

ある意味、無料でそんなことを教えては、
自分の存在価値がなくなってしまうのではないか?

そんな風に感じたんですね。

それでも、

これは秘密にしておきたい、と思う事ほど書いていくといいよ。

師匠

としゃあしゃあと言い切る師匠の言葉を信じて、

私はブログの書き方や書く内容をガラリと変え、
1記事に何時間もかけながら、とにかく”役に立ちそうな情報の発信”
がむしゃらにやってみることにしました。

書きまくった先に起こった意外な事

ブログの書き方を変えてからと言うもの、
徐々にではありますが読者さんが増え、
自分からの読者登録などは一切せずとも
気がつけば800人を超える方からの読者登録をしてもらえるようになっていました。

その頃からは
いろんな方からメッセージを頂いたり、
Etsy.Japan の方からセミナー登壇の依頼のお声をかけて頂いたり
私自身の主催するセミナーに応募してくださる方も徐々に現れるようになって、

念願だった”ブログで集客する”
と言うことをやっと実感することができるようになっていったわけですが、

実は、もう一つ、
最大の恩恵とも言えるような
予想外の気づきを得ることもできたように思います。

それは何かというと、

人が本当に求めていることは、
”情報やノウハウ”ではなかったんだ

ということでした。

言い換えれば、

もったいなくて出し惜しみしていた情報と言うのは、
実は私が提供するべき重要な部分では無かったんだ!

と言うことに気がついたのです。

というのも、

多くの人は、情報やノウハウを求めますが、
実際はそれを知っただけではうまくいかず、
本当に大切なのは、

・このノウハウを使いこなすためには、どうしたらいいのか?
という部分だったり、

・実際自分の状況にこの知識を生かすとしたら、自分は何に気をつけるべきか?
という部分だったり、

・システムは出来たけど、結局お客さんがこないんだけど、
何がいけないのか?

というような、型にはめられないような、ふんわりとした部分
アクションを起こす上で必要な感覚の部分をお伝えすることこそが、
本当の、私が提供すべき価値なのかな?

と感じたからです。

下記は、私が考えた簡単な式ですが、

成功(うまくいくこと)= (情報・ノウハウ・行動+α+β)

この式の、+α+βの部分が、本当に提供すべき価値になるのではないかな?
と、ノウハウを無料発信しながら思うに至ったこと。

これが、ブログを書きまくった時期に得られた、
ビジネスの大きなヒントだったように感じています。

もちろん私も全然完璧な人間じゃないですし
全てを経験している訳では全くないですが、

私なりの経験に基づいた“αやβ” を使っての
価値提供することが、ノウハウを伝えること以上に重要で、
何よりとてもやりがいのある部分だと感じるようになりました。

(ノウハウを伝授するよりも、とても難しいのだけど・・。)

(前回のオンラインミーティングの様子)

作家さんの価値も同じところにおくことが出来る

今回ミーティングの中でこのご質問をくれた方だけでなく、
コンサルやオンライン講座をしていると、
多くの方から聞かれることがあります。

それは、

作り方を教えちゃったら、お客さん自分で作れるじゃないですか。
お客さんが作れちゃったら、私、意味なくないですか?

悩める作家

という内容のことです。

私自身も痛感してきたので分かるのですが、

持っているものをあげてしまっていいのだろうか?
手放しちゃって大丈夫なんだろうか?

という怖さは、有る意味
自分の一部を削られるぐらい怖くて
それゆえアクションに起こすまでに時間がかかったりするんですよね。

だからこそ、私にとって
高い視点からアドバイスをくれた師匠の存在がとっても大きかったわけですが、
その師匠は、もう一つ有ることを教えてくれました。

それは、

今持っているものを全て出して出して出して、出したその先に、本当の商品があるんだよ。

師匠

これは、

例えば私だったら
Etsyのノウハウだったり経験を提供したその先に、私にとっての本当の商品があり、

例えば作家さんだったら、
可愛い商品そのものやその作り方を教えたその先に、現在のその作家さんに適した本当の商品が有る

ということだと思います。

”その先にある商品”
は、当然現在はまだ見えなかったり、一見、自分では届かなさそうと感じるようなものですが、
実はそこを目指す視点を持つ事で、できる事も提供できる内容・商品も、
そして自分自身の志なんかも、だんだんと変わっていくように思います。

言い換えれば、今提供している商品を上限とせず
常にブラッシュアップしていく意識とも言えるのかもしれません。

そう考えると、その先にある“本当の商品”を見つけるための最短ルートは、
ブログ発信をはじめとして、自分のスキルや知識を惜しみなく発揮して
どんどん人に提供して喜ばせていくこと

なのかもしれません。

ブログ発信に関して、私は

「出して出して、出して、その先に何もなかったらどうしよう・・」

そんな不安があったのですが、

有る程度、やり続けてみてわかったのは、

何一つ減るものはないということでした。

むしろ、お客さん(読者さん)だけでなく、
自分の知識やスキルすら、自分の中にどんどん増えていくという想定外な感覚があったのです。

書けば書くほど身になって、
セミナーをやればやるほど、伝えられる事が変わっていく。

最初は、
“海外販売のやり方を知っている事が私の価値”
みたいに思っていたのですが、

知っているからすごい
作れるからすごい
という所に自分の価値をおくのではなくて、

それを価値として、伝えていきたい人に提供しまくる中で、
自分自身が成長したり、執着を手放したりしていく先に、
本当の意味での”自分にとっての商品”と出逢う
という事なのかも知れないなと思いました。

自分の存在価値が、知識やノウハウに有るわけではないんだ。
教えても自分の存在価値が減るわけではないんだ

と分かってからは、
一気に安心して肩の力が抜け、

仕事として、コンサルやセミナーで
”伝える事”や”教える事”が楽しくてたまらない
という感じになっていったように自分自身、感じています。

まとめ

視点をあげてこんな風に考えてみれば、
何も今持っているものを頑なに握りしめている必要はなく
自分がレベルアップする時がきたな、という覚悟で行動の質が変わり、

自分が出した分だけ”本物の商品”に近づけるんだという感覚が身につけば、
今まで以上にもっとポジティブに仕事ができるようになるのかもしれません。

ちなみに、この「持っているものを出す」というのは
有料だって無料だっていいと思います。

出したところで全員が全員、自分のお客さんになるわけではないですし、
ノウハウだけをもらって帰る人だってたくさんいます。

でもそれは全然問題ではなくて、
もっと高い視点から、

”もっと出せる” “まだ持っている” “次は何を出そうか” という

出し惜しみの全く逆の感覚を持ちながら、

本当の価値を感じてくれる人に自分の経験や価値を一生懸命提供していくうちに
ブログの質が上がっていったり、商品自体がブラッシュアップしていったり、
大切なお客さんの要望を汲んで、自分のビジネスが変化していくように思います。

さらに、商品そのものの販売から、”作り方を教える”とか”先生になる”とか、
仕事のスタイルごと変化していく事だってアリだと思うのですね。

こんな風に、
この”本物の商品” というのは、現在販売している商品と
全く違うものに形が変わる事がありますが、
それもまた、まだ見ぬ自分へのワクワクする挑戦の形なのかも知れません♪

私自身も、まだまだできる事・があるよなぁ。と感じているので、
それらを提供する中で、提供できる商品の質をどんどん高めていこうと思います。

ブログの話から結構壮大な話に発展してしまいましたが^^;、
何か参考になれば幸いです。

関連記事:【ハンドメイド販売のコツはズバリ、〇〇を変える事!】

ハンドメイド販売のコツはズバリ○○を変える事!Etsyセミナーのご感想

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。
 

Copyright© ネット販売マーケッター田口さやか , 2018 All Rights Reserved.