2018/10/04

ハンドメイド販売のモチベーションが下がった時に読む記事!Creema,ミンネなどで販売している作家さんの原動力とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。

こんにちは。田口さやかです。

今日は、先日コンサルをさせて頂いた方から頂いた
コンサルのご感想をご紹介しようと思います。

今日はコンサル
ありがとうございました!

さやかさんと直接お話ができ、
文字とは別の感覚で内容が入ってきて、
濃い60分でした。

一つ、大きな気づきがありました。

わたしが作品を作るのは、
自由を求めていたからだと。

自由になるために、
作っていたんですね。。。

販売について勉強しているはずなのに
自分の内面も分かってしまうとは・・!

気づきが多かったです。

オンライン講座も、今回のコンサルも
本当に受講してよかったと感謝しています。

本当にありがとうございました。

コンサル受講者さん

Yさん、ご感想有り難うございます!

田口さやか

Yさんは、「てしごとカフェプレミアム」という、わたしのオンライン講座を受講頂いていた方なのですが、

今回のご感想で印象的だったのが、

『自由になるためにものづくりをしていた』
という、内面の発見をされた事でした。

学んだこと・知ったことを100倍吸収する秘訣

わたしが主催しているオンライン講座やセミナーに参加される方とお話ししていると、
みなさん出だしは、
商品を売る方法や、売れる方法
を学ぶためにご参加頂く方が多いですが、

よくよく見て行くと、
”何のために、自分はこれを売ろうとしているんだろう?”
という部分が見えていない為に

歯車が噛み合わぬまま努力を続けてしまったり、
エネルギー切れでギブアップ寸前だった
 
という経験をしてこられてきた方が多いように思います。

これって、きっと多くの作家さんが
似たような経験をしている部分でもあると思いますし、
何より私自身もそうでした。^^

今は販売を教えたりしていますが、
わたし自身、売れずにもう辞めてしまおうと思っていた時なんて、
「なんのために販売するのか?」
なぁーんて、そんな崇高なことは全く考えてもいませんでした。(汗)

これって多くの作家さんが経験していることだと思うのですが、
売れるに越した事はないのだけれど、目的が自分でもよく分かっていないと

いろいろ学んだけど、でもいまひとつアクション起こせないんだよなぁ。

悩める作家

もっと効率的な方法ってないのかなぁ?

悩める作家

これをやるべきって分かってるんだけど、モチベーションが上がらないし・・。いつか本気になったら頑張ろう。

悩める作家

ついそんな風に気分に流されてしまう事ってあるように思います。

ハンドメイド販売って義務ではなく、
全てが自分の意思に委ねられているからこそ、
モチベーションがその日の感情に左右されたり、進むスピードや遅くなることってあると思うのです。

しかも今の時代って、
“なんで売ろうとしているのか?”
なんて、考えなくても商品は作れるし、
ショップだって簡単に持ててしまうのが事実。

誰でもその日のうちに”販売者”になれてしまう時代なんですよね^^

だけどわたし自身、試行錯誤をする中で
やっと商品が売れるようになってくる中で、
また、順調にショップを運営している作家さんとお話をさせて頂いたりして気づいた事は、

気軽に”作家”になれたり、”ショップオーナー”になれるからこそ、
本質だったり原点を忘れずに活動できるかどうかが
本当は、長くショップを続けていく秘訣なんじゃないかな
、という事です。

なぜなら
どんな熱を持って活動するかは、
売るためのノウハウよりも何倍も”活動する力”をくれる
ように思うからです。

販売の秘訣は、内側にすでに持っているエンジンに気付けるかどうか

私のオンライン講座の中では、一方的にネット販売のことを学んで頂くことだけでなく、
お一人お一人が、自分の商品について、そして販売することについて考えて頂く時間を
たくさんとって頂いています。

そして、考えて導き出した考えを、2日に1回の宿題の回答として
私に送っていただくというシステムをとっているのですが、

今回書いたような”なぜやっているのか?””商品とは何か?”
というような問いを投げさせてもらっている宿題もあります。

すると、多くの方から

”私って、こんな思いでやっていたんですね!”

“作り始めた時の感情を忘れかけていました”

“今回の宿題を考えていたら、自分の内側からパワーが湧いてきました!”

というようなメッセージを頂くことがあります。

これは、宿題の出し方の問題ではなく、
純粋に、その方が内面に真剣に向き合う時間をとったからこそ
自力で得られた、最高の恩恵
なんだと思います。

販売理由理由なんて、後から見えてくれば良い

”なんのために?”

“この商品販売で何を実現したいのか?”

なんて、最初から熱い思いを持っている人って、はっきり言ってほとんどいない
と思います。

だけど、

一人の人が買ってくれた、二人の人が買ってくれた・・♪

と販売を重ねていきながら、
並行してじっくりと自分自身を見る時間をとることで
内面の湧き出るような想いが、後からじわじわと浮かび上がってくるように思います。

”パワーの源”の存在には、案外販売の最中に気がつけるのかも知れません。^^

まとめ

今日は、販売する上でもっとも原動力となる

”なんのために”を持つ重要性と、その見つけ方を書いてみました。

わたし自身、ネット販売で商品を販売する前は、
”やりがい”や”強い欲望”なんてありませんでした。

だけど、お客さんと接する中で、少しずつ見えてきて、
それをヒントにさらにショップを改善しようと試行錯誤してきた

その繰り返しをしてきたように思います。

今はセミナーやコンサルなど、商品販売とは違うことを仕事のメインにしていますが、

”なんのために人に教えるのか?””自分はなぜ教えるという仕事にシフトさせたのか?”

という理由ややりがいも、これもやっぱり
セミナーやコンサルで出会う方々に、毎回気づかせてもらっているように感じています。

今日は販売をする上での”内面にある目的”の話を書いてみました。

何か参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。
 

Copyright© ネット販売マーケッター田口さやか , 2018 All Rights Reserved.