2019/06/15

集客出来ない”SNS疲れ”の3大原因と、魂が抜かれない健全なSNS集客方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。

こんにちは。

昨日は、あるハンドメイド作家さんにコンサルをさせて頂いていたのですが、
最近とても悩んでいることがあるということでご依頼を頂きました。

お話する中で出てきた悩みの一つ。

それがSNS疲れでした。

内容は下記のような感じです。

本当は、自分の作品を愛情たっぷりに作りたい。
そしてそれをお客様に届けたい。

だからこそSNS集客の勉強も色々としてきたのですが、、、

SNS発信がこんなにも自分を疲弊させるなんて・・。

SNSに疲れてしまって、本来大好きなはずの活動自体が、
嫌になっている自分がいるんです。

作家さん

作家さんからのリアルなお悩みでした。

最近はハンドメイド販売をスタートされたばかりの作家さんと
お話する機会も多いんですが、

SNSを使った宣伝や発信に”疲れ”を感じている人は
実は、少なくないように思います。

それではなぜ、疲れてしまうのか?

そんなことについて、コンサルタントとして見解を書いてみようと思います。

・・・

・・・とかカッコイイこと言いながらですね、
実は私も以前SNSに疲れていた時期がありました。
 
 
だから偉そうなことは全然言えないのですが、

どんな風に疲れていたのか?
それを先に打ち明けさせてもらおうと思います。

田口さやか

私もSNSに疲れていた時期がありました(汗)

 

ブログ、ツイッター、インスタグラムなど
次々に便利な集客ツールとも言えるSNSが出てきますね。

きっとこういった無料ツールで
お客さんを集めることに成功している方も多いと思いますし、
私も、現在ブログを介して
多くのハンドメイド作家さんと素敵なご縁を頂いています。

それでも、先述の通り
以前はSNSでの発信に迷い、疲れていた時がありました。

自分の文章や自分の発信で何かを伝え、
感じ取ってもらわなければいけないSNSは、
言ってみれば正解を自分で探さないといけないという部分があると思います。

  • 何を書くのか?
  • どこまで書いたらいいのか?
  • 何は書かないほうがいいのか?
  • 何記事書いたら良いのか・・・?

etc…

活動を始めたばかりの頃は、
フォロワー数の少なさに絶望し、先の見えない不安を感じたり、
他の人と内容を比較して落ち込んだり、
「すでに同じような物を売っている人がいるしな・・」と、
自分が発信する無意味感に襲わたりと
散々な感じでした。

そして視野が狭くなり、自作の迷路に迷い込んでしまう・・・
私自身、そんな経験をした時期がありました。

そんなSNSの迷路を抜けることができたのは
ある尊敬するコピーライターさんにアドバイスを頂いたことがきっかけなのですが、
そこから生還した方法に関してはこちらにも書いていますので、良かったら後で読んでみて下さい。⬇︎

SNSが人を疲弊させる3つの原因

 

SNSって疲れる・・!

っていうか、見ているだけで魂抜かれる・・・

作家さん

SNS疲れを発症する原因は、主に3つあるように思います。
1つずつ解説しつつ、解決策を書いてみようと思います。

疲れの原因1つ目: 他人との比較

いいねの数や閲覧数など、数字で見えるものというのは
人を一喜一憂させやすいものですよね。

他人との比較なんて本当は不要なのに、
あの人の方が自分より凄いとか、もう完売したんだ・・!とか。

世の中(ってうかSNSの中だけだけど)は、
やたらキラッキラしている人が溢れている印象がないですか??

 
それに比べて自分は、干物女のようにダラダラして1日をドラマ三昧で過ごしていたり、
ブログを書こうとしても気づけば一時間かけて3行かよ・・・と自分が嫌になったり。

(そしてなぜか途中で、他のキラキラ投稿をわざわざ見に行く・・w)

こんな風に、SNS上には、油断すると
隣の畑は青く見えるという現象が多発することがあります。

SNS疲れの原因2つ目: 置いてかれたくない焦り感

“みんながコレもやっているから、自分もやらなければ置いていかれてしまうんじゃないか・・”

なぜか”置いていかれる”ということに、人は恐怖や恥ずかしさを覚える生き物だと思います。

時代遅れという言葉がそれを象徴していますが、
私自身、もはや流行に乗り切れず、今時の言葉と言ったら『マジ卍』ぐらいしか知らないのですが。
(多分マジ卍ももう結構古いw)

さて話を戻して・・・、
多くの人がやっている事というのは、ついつい”正解”
とみなされることが多いのですが、

だからこそ、自分もそうしなければいけないという意識
精神的に疲れさせてしまうように思います。

だけどさらに問題なのが、

その”正解”とされていることをやって、
一体どれくらいの人が本当の意味でSNSの恩恵を受けているかは
案外無視されているという事実です
。💡

せっかく置いてかれないようにSNSを取り入れても、
そこから集客に結びつけられてなかったら、
置いてかれること以上に、SNSに振り回されている感じすらするかもしれません。

SNS疲れの原因3つ目:方向性の間違った努力

読者登録や記事の量産、あらゆるSNSを一通り始めるなど、ついついテクニックやノウハウに偏り、

「これをしたら簡単に集客できたよ♪」
「〇〇で集客は、もう難しいよ。」
「今の時代はやっぱり〇〇じゃなきゃ集客出来ないよ!」

という巷の声に戸惑いつつも、

それでも誰かの表面的な成功ノウハウを
自分の作品販売にも採用して頑張ろうとしてしまうケースです。

自分が上がり調子なら大したことは無いのですが、
なんだか不調な時ほど、あれこれと周りが気になって、

”何かとっておきの方法はないかな?”

と簡単にうまくいきそうな方法に目がいってしまったりすることってあると思います。

自分でもうっすら思っている
「本当にこんなことして、意味あるのかな・・。」
という意識を抱きつつ、

でも、習った通りにやらなきゃ。。と、中途半端になって
結局SNSに振り回されてしまうように思うのです。

そして、このようなSNS疲れの末、
もう何も見たくない。何も発信したくない。
私は貝になりたい・・と、

殻にこもってしまうケースも多いかもしれません。

SNSの捉え方を変えてみよう

なんだか暗い話になってきましたが、

それでも私がぜひお伝えさせて頂きたいことは、
SNSはとても素晴らしいツールだということです!

以前の私のようにSNSの使い方の正解を探る迷路に入り込んだり
自分を疲れさせるような使い方をしない限り、

SNSは、あなたにとってぴったりなお客さんとの出会いの場になってくれるからです。

そのためには当然、
SNSの発信方法をはじめ、書き方や内容を見直す必要も出てくるのですが、
そんなことより何よりも、まずは

”発信に対する意識・感覚を健全な方向に変えること”が大事で、
それが出来ると、いきなりスーッとうまくいきやすくなると思います。

例えば、
発信頻度にとらわれて苦戦されたり、発信すること自体に抵抗があったり、
何を発信していいのか分からなくなってしまったり。。

以前、私も同じところでつまずき葛藤してきたからこそ思うんですが、
発信する時に、自分が何を思っているか・どう思っているかっていう感覚が
とても大事なように思います。

SNS発信のノウハウやSNS集客の心構えについては、私のオンライン講座の中でも扱っていて、もちろんブログやSNSで集客するための具体的な方法というのもお話ししているのですが、

それ以上に大切なのは、

何のために、そしてどんなお客さんと出会うために、誰に届けたくてブログを書くのか?
と自分の事をまず明確にすることなのかもしれません。

自分の中の軸が明確に見えてくれば来るほど、

「最短で稼ぎてぇ」
とかではなく、

どんな人の役に立ちたいのか?
どんな人のために作品を作り続けたいのか?
どういう人に、自分の作品・サービスを届けたいのか?
その人にどうなって欲しいのか?

と、
自分の作品が売れるとか、申し込まれるとか、収入が上がるとかの
”その先のこと”が、徐々に雲が晴れて見えてきて、

パーッっと道が開けたように、エネルギーが降り注ぐように、
ブログを書くことが楽しくなるように思います。

 

良いお客さんと出会うために

過去、エネルギーをすり減らしながらSNSを使っていた私が言うのもなんですが、

良いお客さんと出会うためには、
作家さんの命をすり減らす系の発信方法は
やっぱりおすすめ出来ません。

だから、はっきり言って、書きたくない時は書かなくってもいいし、
周りのことを考える余裕がない時に、人の事なんてかまってられないと思うんです。(爆)

しかも、無理して書いたた記事や発信ってなんとなくそういうの
伝わってしまったりするんですよね。 

とりあえず書かなきゃ、的な感じが。
(自分の過去記事とかでもそう思います・・汗)  

だから、毎日発信しなきゃとかという回数ベースではなく、

「うぉ〜〜!今猛烈にひらめいた!!」とか、
「やばっ!これ絶対書かせて!」とか、
「これをお客さんに伝えた〜い!」 という感じで

気持ちを乗せてかける時に書くのが一番無駄打ちが少ないとも言えます。(笑)

感覚としては、自分にパワーが充満している時に、
コップから溢れ出たエネルギー分を、発信に乗せていく
というイメージです。

”まずは人に与える前に、自分のコップを満たさなきゃ与えられない”
と言われたりするのと同じように、

エネルギーが枯渇したまま無理してやっても、あまり良い結果にはならないからこそ、
まずは自分のエネルギーが今貯ってるのかどうか(保てているか・どっかから漏れていないか)という事に
目を向けてみるといいのかもしれません。

だらだらと5時間勉強しているより、やる気を出して勉強した1時間の方が
頭に入ってくるのと同じように、

人間、誰しも色んな状況の中、感情がわさわさする時だってありますよね。

パワー不足の時は、思い切ってやらずに寝ちゃったらいいと思います。
結構、翌日はなぜかやる気も戻ってた✨  なーんてことも多いですし。^^
 

そして、自分の個性に合った無理のないSNS発信をすることが出来るようになれば、
当然、やみくもにシステマチックに投稿数重視で集客しようとした時とは
違った成果が出やすくなります。

そして、本来の個性が生かされる事で、販売の幅も、商品の価格も、
思いがけないひょんなきっかけから一気に広げることが可能になってくるんじゃないかな、と思います。
 

ぜひ、あなたにとって素敵なお客さんとの出会いが有りますように・・♪

何か参考になれば幸いです。

田口さやかの起業ストーリー無料メルマガはこちら

合わせて読みたい

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ネット販売サポート田口さやか , 2019 All Rights Reserved.