ハンドメイド作家さんの7つのリアルな悩みと次のステップへの進み方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。

今日は、ハンドメイド販売のオンライン講座”てしごとカフェプレミアム”を受講されている
メンバーさんと
ネット販売を加速させるzoomミーティングを開催しました。(^_^)
 

このミーティングは任意参加で、毎回都合のつくメンバーさんと
まさに『てしごとのカフェ』にいるような感じで、肩肘張らず
ざっくばらんにお話をしています。

今回話題に上がった作家さんのリアルな悩み

今回は活動の中で湧いてくるリアルな悩みや疑問などを
シェアして頂きながら、多方面から色んなお話をしていきました。

 

 今日の議題はこちら↓

・リアクション(返信)が返ってこない時の考え方
 
・お客さんから見える、売り込みメールとそうでないメールの違い
 
・盗作などの問題について
 
・ブログのタイトルの書き方と、アメブロ・ワードプレスの効果的な使い分け
 
・販売初期と販売経験者の壁の違いと、ステップアップするためのそれぞれの壁の越え方
 
・売れていない現状をコンテンツ化するポイント
などなど・・♪

住む地域が全く違っていても、
こうしてネット上で作り手さん同士が集まり
小さな悩みや些細な疑問を自分の言葉でシェア出来るのは

普段一人で活動している作り手さんにとっても私にとっても
意味が大きく、そして何より楽しい時間です。

ハンドメイド販売の、些細な疑問や小さな迷いが自分の足を止めてしまうからこそ、
アウトプットの重要性を感じています。

今日はめちゃくちゃ笑いました^^

ところで、
今日はzoomでのオンラインミーティングの中で

作家さんをじわじわと悩ませる原因である
”ステージ別の壁の存在”
の話になりました。

”壁”は、私自身にとっても、常について回る存在なのですが、
その壁の性質がわかってくると
案外越え方も見えてくるように思います。

そこで今日は、
ハンドメイド作家さんのステージごとに訪れる”壁”の違いとその越え方について
少しシェアしてみようと思います。

販売初期と、販売経験中では壁の種類と越え方が全く違う

ハンドメイドに限らずとも、

何か販売をしていこうと志を立てた時と
ある程度販売が軌道に乗ってきた時では、
悩みの悩みの種類が変わってくる
かと思います。
 

例えば、

初期のころというのは、
何を売ろうかと考えたり、顧客のニーズを集めたり、
リクエストに答えて色んなものを試作して
喜んでもらえるものを作るにはどうしたら良いか?
ということを考えたりしますが、

販売経験を積んでくると今度は、

この価格でいいのだろうか?という疑問が出てきたり、
どこまでやってあげるべきなんだろう?
これってそもそも私のやるべき仕事なのかな?
というように、

今まで良かれと思って積んできた経験の中で
無意識に同時に背負ってきてしまった
”足かせ”的な存在に気がつく時がきたりします。

最初の頃は、

売れてるなんて、それだけで羨ましい〜!

初期の作家さん

と感じていたのに、

いざ売れてみると
また違った悩みを抱えている
というのは
経験されている方も多いのではないでしょうか。

色々やってみる時期と、やめる時期

 

「よし、やろう!!」と、はじめに何かに挑戦するということは
不安で緊張したり、なんだか怖かったりすることが多いと思います。

その分恩恵も多いのですが、
なかなかその一歩が踏み出せなかったりするのですよね。

 

しかし、

それを打破してある段階までくると、

今度は逆に何かを手放さないと次にいけない時期
というのがやってきたりします。

例えば
ある段階まで販売ができてくると、
見直すべき部分・辞めること・断るべきお客さん
などの存在が悩みの種になることもあります。

だからこそ、
自分が今どの段階にいて、次何をしようともがいているのか?
というのを客観的に見ることが重要だったりするんですね。

なぜなら、
多くの場合、手放す作業というのは
とてつもなく怖くてとてつもなく厄介だからです。

過去の栄光も、実績も、人脈もリセットして、
ある意味また一から作るような感覚があるからです。

だから、そのまま
現状を維持するケースがとても多いのですが、

“手放す”ことができると他の人とは違った世界が待っているのかもしれません。

壁を越えていくと見えるもの

その段階段階に応じて”壁”と感じるものは変わっていくわけですが、

その壁を越えれば超えるほど
実は本来のあなたの力が発揮されるのかもしれません。

人目を気にすることも辞めて、
真似されることも恐れずに、
批判されることも乗り越えて
より自分らしく思いっきり活動をしていくには

”今壁超えてる。そんな私最高。”

作家さん

と、自分の段階を客観的に楽しみながら
越えていくことなのかもしれません。
 

そしてたくさんの”壁”を克服した先にあるのは

全く違って見える日常の世界  

なのかな、なんて思ったりします。

まとめ

今日は、zoomミーティングで出た1つの話題

販売の段階ごとに直面する壁の種類とその越え方について
書いてみました。

壁が完全に消えることは、きっとどこに行っても無いんだと思います。
だけど、越えた分だけ見える世界が違ったり、伝えられることや出来ることも変わるのかもしれません。

私自身も、私なりの壁を越えている最中ですが、

”自分の経験を価値として仕事を作る”
という同じ方向を目指し、講座を通じて
あなたの壁を超えるお手伝いができたらいいなと思っています。

また、今回のようなzoomミーティングは
オンライン講座「てしごとカフェ」への参加特典として現在つけさせて頂いていますが、
今も募集中です♪

今何かの壁を感じている作家さんにとって、参考になれば幸いです。

オンライン講座を受講された お客様の声

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。
 

Copyright© ネット販売サポート田口さやか , 2018 All Rights Reserved.