2019/10/10

人生初!入会金200万円のフィットネスジムに潜入してみて分かったこと。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。

今年のお盆休暇は長くて
どこか旅行に出かけた方も多かったと思います。

私は遠くに出かけることはせずに
ちょっと気分転換に都内のホテルに滞在してきたのですが、

そこで驚いたことがありました。

それは、
ホテルに付属する『会員制フィットネスクラブ』
の存在です。

とりあえず、値段設定がものすごいことになっているんです・・!

高級会員制フィットネスクラブは値段がやばかった

 

フィットネスクラブ自体はそんなに珍しくないですが、
このホテルフィットネスクラブの入会金の額が驚愕で・・(笑)

タイトルにもありますが、

な、なんと、入会金が200万円近くするんです!

ちなみに会員の保証金なども含めると
登録する際にまず合計300万円もかかるというシステムで、
これは一般庶民の私の常識を大きく揺るがすものでした。

ジムに入会するために300万円かぁ。

・・・ないな。

田口さやか

えーっと。
こちらの300分の1の値段通い放題のヨガにいっているわたくし。

300万というバブリーな価格に驚きつつも、

せっかくなので、
私はホテル宿泊者としての権利を駆使し、
無料でその施設を利用させてもらうことにしました。

超高額フィットネスクラブに初潜入!!

 

お、お〜〜!ここかぁ。
セレブ御用達のフィットネスクラブは。

田口さやか

神々しい入り口が近くにつれ、気持ちが高ぶります。

「300万のフィットネスなんて、誰が行くんだよ・・。」

と完全に斜めから見ていた今朝のことをすっかり忘れ(笑)、
手のひらを返したように素直にワクワクしてしまう始末。

けれど、1つだけ不安が・・・。

・・・。

これじゃあ完全にお門違いかなぁ〜。

田口さやか

ふと自分に目をやると、そこには
ヘタウマな猫のイラストTシャツ
入会金200万に乗り込もうとしている私がいます。汗

みんなルイヴィトンのスポーツバッグとかで来ているんじゃなかろうか。

みんなエルメスのスカーフとかで汗をぬぐっているんじゃなかろうか・・。

田口さやか

・・・・

怖じけずきそうになりながらも、

まぁいいや。

ここまで来たら入ってみよう!

田口さやか

意を決して、超高級スポーツクラブの扉を叩きます。

潜伏してみて分かった、ジムの全貌。

 

息を飲みながら
恐る恐る重い扉を開けると・・・・

そこに見えたのは、
黄金に輝く受付カウンター。

・・と思いきや、

結構普通な感じの
木製の受付カウンターでした。

こんばんは〜。

スタッフ

こんばんは〜。
あ、あの〜、はじめて来たんですけど。(もじもじ)

田口さやか

はい、いらっしゃいませ。こちらがロッカーの鍵になります。どうぞ。

スタッフ

あっ、ありがとうございます〜。

田口さやか

ついに高級フィットネス施設を使うための鍵を手に入れた瞬間でした。

やった!
ついに新しい世界を覗ける・・。

一体この先に待っているのは、どんな施設なんだろう?
想像が広がります。

どんな人たちがいるのかな。
モデルさんとか?芸能人とか?

そしていざ期待と不安に胸を膨らませて女子更衣室に入っていったのですが、
そこでちょっとだけ気が付いたことがありました。

それは、

受け取った鍵が結構古くてボロボロ
だということ。

 
いや、全然いいんだけど、
この鍵は今のところ200万円っぽくないな〜。

田口さやか

そんなことを思いながら、
更衣室から繋がる
お風呂・シャワー室・フィットネス施設・プールを
一通り回ってきました。
 

おぉ〜!ここがプールかぁー。

おっ、こっちはお風呂だな!

そしてこの部屋は、トレーニングスペースっと。

そしてここにドライヤーがあるのね、なるほどね!

田口さやか

一通りみて回り、そこでわかったこと。
それは、

 

入会金300万円のフィットネスクラブは、
予想以上にめっちゃ普通だったということです。

もちろん体を動かす・水分補給をする・汗を流す・お風呂やサウナでリフレッシュ
という一連の流れはこの施設でできるのですが、

正直、私が妄想を膨らませていたキラキラの世界とはだいぶ違っていました。

例えば、施設自体がそんなに新しくない・・というよりはちょっぴり古めかしくて、
フリードリンクの機会も、自分の小学生の頃を思い出すというか、
ひと昔前の雰囲気を感じられる空間。

そしてお風呂の雰囲気も、
小さい頃おじいちゃんおばあちゃんに連れていってもらった
近所の温泉を思わせるような
なんだか懐かしい古さが随所に残った飾らない場所だったのです。

(お風呂の入口がアルミサッシの扉とか^^。)

そして、

当然ですが
ルイヴィトンのバッグの人もいなければ
エルメスのストールを首から掛けている人もいませんでした。

みんなTシャツ、短パン。
飾らない服装のごく普通の人たちが利用していました。

思っていたのと全然違った!

田口さやか

高級フィットネスクラブで感じたこと

 

色々と想像していたのと違う雰囲気を目の当たりにして、

私は、その小さなお風呂に浸かりながら、
改めて、人が求める価値や常識の違いを考えていました。

「この施設を300万円で提供する人がいて、
この施設を300万円でも来たいと思う人がいるんだなぁ。」
(しみじみ)

今回このフィットネスジムを考えると、

日本有数のトレーニングマシーンが置いてあるとか、
肌に最高に良いサウナ施設が整っているとか、
天然温泉があるとか、
別にそういう訳ではなく

他のジムと同じ(かそれよりちょっと古い)施設で、
お風呂もまあまあ古ボケて小さい。

けれど、
それでも通う人(層)がいるということ。

お客さんたちは、どんな価値に惹かれてこのジムに入会するのだろう?

そんな風に考えていくと、
お客さんたちが大事にしていそうなことだとか
お客さんの生活スタイルや
お金の使い方・価値の感じ方などが
うっすらと見えてくる感じがしました。

例えば、この施設に入会する人はきっと、

大勢の人に会わない環境で、
この都心の立地で、
古くても長いプールが完備されていることや、
レモン水が常備されていることなど

ちょっとした痒いところに手が届く心地よさに価値を感じて
”ここに通いたい”
というニーズを満たしているんだなぁと感じました。

顧客が求めている価値を、顧客目線で満たす

これってハンドメイド作品の販売でも同じで、

高価なアクセサリーもあれば
リーズナブルなアクセサリーもありますよね。

そして
高価なアクセサリーを選ぶ人もいれば
リーズナブルなアクセサリーを好む人もいます。

ついつい私たちは
いざ自分が何かを販売しようとすると、

何か特別な物でないと選んでもらえないと思ってしまったり、
高い値段を付けるのは気が引けてしまったり
安ければ安いほど良いと思ってしまったりすると思います。

だけど、
その商品が安価か高価かというのは、
品質やスキルだけの問題ではなかったりしますよね。

このネックレスをつけるとなんとなく気持ちが前向きになる
とか、
作品に派手さはないけど作り手さんの雰囲気が好き
とか、
この教室はなんだか居心地が良い
とか、
なぜかこの先生と一緒にいたい
とか。

このフィットネスジムが300万円もするくせに
全然ゴージャス感やキラキラ感がないのは、

そもそもこの客層が求めている部分はそこじゃない
ということなんだろうなと思います。

毎日快適に体をトレーニングして
最高のパフォーマンスを維持できること

そんな当たり前のようなシンプルなことを
めちゃくちゃ大事にするために300万円を出す人がいるのだろうな。

今回そんな環境を目の当たりにすることができ、
提供する価値を考える上でも大きな気づきになりました。

まとめ

 

今日は、
高級会員制フィットネスクラブに
変なTシャツで乗り込んでいった時のことを書いてみました。

決して役に立つ内容ではなかったと思いますが(汗)
読んでいただきありがとうございます^^

ちなみに、

300万円の入会金って、
普通の庶民的なジムの入会金よりマルが2つ多い気がするんですよね。

マル2つ増やすのは流石に浮世離れしてしまいますが、

自分の商品にマルを一個付け足して販売してみるとしたら
どんなことができそうか?

そんなことを考えてみると
作品作りのアイデアも売り方も
今とは違う次元で考えるとこができ
面白いかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

併せて読みたい

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。
 

Copyright© ネット販売サポート田口さやか , 2019 All Rights Reserved.