2019/12/17

副業でハンドメイド販売をする時に売りやすい商品の4つの特徴【時短と効率化】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。

こんにちは。

ハンドメイド販売を副業にしたい方へ

ハンドメイド販売を副業にすることは可能なのかな?

本業があるからあまり時間がないんだけど、始めるとしたらどんなジャンルの商品がいいんだろう?

作家さん

という悩みを持っている方はいますか?
 
この記事では、ハンドメイド販売で副業をするメリットと、
副業で始めやすい商品の4つの特徴をご紹介します。

今回の目次:
 
1、ハンドメイド販売を副業にするメリット (実は売れる商品ジャンルは広い)
2、副業で始めやすい商品体系 (4つの特徴)

この記事を書いている私は副業としてネットショップを運営し始め、
現在は国内外の4つのハンドメイドサイトでネットショップを運営しています。

仕事の合間をぬって始めたネットショップでは、
『家賃分を副業で稼ぐ!』という目標を掲げてスタートしてきましたが、
今は本職を辞めるまでになり、本業としてネットショップを運営しています。

動画でも解説しました。⬇︎(16分程度)

スポンサーリンク

ハンドメイド販売を副業にするメリット

2018年から副業解禁となった会社も増え、
現在は”個人で収入を得る”という流れが徐々に加速していますよね。

そんな中、私自身もネットショップを”副業”として運営していた時期があるのですが
ハンドメイド販売を副業にすることは3つのメリットがあるように感じています。

■ ハンドメイド販売を副業にして稼ぐ3つのメリット

・楽しいことで収入源を作ることができる
・すでに持っているスキルを使える
・時間の自由度が高い(ネットショップ=24時間の自動販売機)

それでは1つずつ解説していきます。

ハンドメイド販売は”好き”を収入源にできる



趣味を生かして収入を得ることができます。

ハンドメイド販売というと、縫い物や編み物というイメージが強くありますが、
現在は多くのハンドメイドサイトでは”ハンドメイド”の枠がどんどん広がっており
植物の寄せ植えやジャムやクッキーなどの食品など幅広いジャンルのものを販売することができます。 

例えば、普段は会社勤めをしながら、

  • 休日は家でお菓子作りを楽しんでいる方
  • 土いじりで癒されている方
  • 夫婦でDIYが趣味という方

などもいらっしゃるかもしれません💡

あなたの普段の趣味をそのまま収入に繋げることができるのは
とても楽しそうですよね♪

ハンドメイド販売はすでに持っているスキル・技術を使える


ハンドメイド販売は、学生時代から部活などでやってきたものづくりの技術や
幼い頃祖母などに習って自然と身についた知識などがそのまま商品作りに生かすことができます。

通常、『副収入を得る・副業する』ということを考えると
何か新しい知識を学んだり資格を取る必要が出てくることが多いですが、
身近なスキルをそのまま販売に応用することができるのはハンドメイド販売の大きな魅力です。

ネットショップは時間的な自由度が高い


ネットショップ運営のメリットは時間的自由度が高く、
販売中に店頭に立っている必要がないこと
です。
 
店頭販売やパートなどの出勤スタイルとは違って
自分の商品を常にネット上に掲載しておけるのがネットショップの大きな魅力の1つだと思います。

本業の仕事をやりながらだと、どうしても自由に使える時間が限られてしまいますが
ネット上にお店を持っておけることで自分の代わりにネットショップが自動でお店番をしてくれるわけです。

私自身も副業としてネットショップを運営し始めた時に
勤務中に注文が入っている事実を目の当たりにして、
改めて感動したのを今でも覚えています。

ちなみにそのとき私が運営していたのはETSY(エッツィ)という
海外向けのサイトでしたが、国内だったら
最大規模のハンドメイドサイトであるminne(ミンネ)が初心者さん向きだと思います。⬇︎

アクセサリーや布作品と言った、”ザ・ハンドメイド”の作品販売だけではなく、
お菓子作りや植物の寄せ植えなど、
好きなことや得意なものでそのまま自分のショップが持てるというのは本当に素敵ですよね。

自分には特にスキルがない・・と思っていても、
学生時代を振り返るといろんな経験をしてきたことに気がつくかもしれません。 

ちなみに、ネットショップとは少し違いますが
趣味を収入にすることに関していえばストリートアカデミークラフティなどで
ワークショップをすることもオススメです。

私自身もストリートアカデミー(ストアカ)で講座を持っていますが、こういったネットサイトも、
事前に登録しておくだけで時間に縛られることなく自分のスキルを生かした副業が気軽にできます。⬇︎

ネット販売を始めやすい商品の特徴とは?



さて、ここからが本題ですが、
ハンドメイド販売を副業でスタートする場合、
商品作りに何日も要するものや原価の高い商品というのは一気にハードルが上がりやすくなります。

そこで、

副業としてハンドメイドショップを運営する前に押さえておきたいのが
販売する商品の選び方と、それに付随して準備しておくものです💡

■ ネット販売をしやすい商品の4つの特徴
 
・発送しやすい大きさ・重さであること
・制作に時間が掛かりすぎないこと
・制作原価が高すぎないこと
・資材の確保が簡単にできること

ここでは、実際に私が作品販売で使っている資材なども併せてご紹介していこうと思います。

①発送しやすい大きさ・重さ・形であること

まずは梱包・発送が簡単にできることが重要です。

商品のサイズが大きすぎたり、商品によってサイズが違ったりすると
郵便局まで発送するのに手間がかかったり
サイズ違いの梱包箱を用意する必要があったりして地味に大変になります。

ちなみに梱包に使う箱や資材も、こだわり始めると色々使いたくなってしまい
梱包箱だけで400円とかしてしまったりしませんか?^^;
そうなってしまうとなかなかの痛手で利益も出にくくなってしまいます。

ちなみに私が商品発送の梱包封筒として最後に行き着いたのは
こちらのプチプチの緩衝剤が施された封筒です。⬇︎

色んなサイズがあることと、一枚23円くらいで収まるのでこのシリーズはかなり重宝しています。
正直、別に可愛くはないですが、シンプルな包装であっても
「丁寧な梱包でした!」と国内外のお客様に案外高評価を頂けています。(^^)

②制作に時間が掛かりすぎない


作品販売のポイント2つ目は、時間が掛かりすぎないことです。

副業として収入を得ていくことを考えると制作時間が長すぎるものは、
例え売れたとしても自分のキャパオーバーでショップが立ち行かなくなる原因にもなってしまいます。

渾身の一作品を作り上げることよりも継続的にショップを運営できる商品かどうか?
という角度から見ていくことが重要なのかもしれません。

こんな風に、自分が制作に使える時間を見つめてみて
そこから制作可能個数を明確にして、
売り上げ目標を決めたり商品単価を決めていくことがオススメです。⬇︎

ポイント: 
 
副業活動に当てられる時間を明確にすることで、
・1万円分の商品制作に何時間くらいかかるか?あるいは
・商品単価をいくらにするのか
目標収益から逆算することができる。

ねこ

1週間に確保できる制作時間:10時間
商品制作時間:1時間
1週間に10個 (←売れても自分が困らない個数を割り出す)
 
1個3千円としたら・・・ 3千円x10個=3万円 (←時間的に自分が生み出せる売り上げを明確にする)
 
→1ヶ月の目標金額: 10万円 (売れても困らない、再現可能性のある数字が見えてくる) 

③原価をかけすぎない

3つ目のポイントは、原価をかけすぎないことです。

ハンドメイドなどはこだわろうとするとどこまでもこだわれてしまい、
手がこんだ作品が作れたりしますし、何よりその時間がめちゃくちゃ楽しかったりします^^

以前、

自分の好きを詰め込んだ作品を作っていたら知らない間に材料費だけで1万円を超えてしまいました・・!

作家さん

という作家さんがいらっしゃいましたが
”ビジネスとして販売し続ける”という観点から見ると、ちょっぴり注意が必要だったりします。

まずは原価の安い作品を考えていくことで
初期の負担も減り、その分いろいろな商品企画ができたりします。

④資材の確保が簡単にできる


作品販売をする上で、資材の確保が簡単かどうか?はものすごく重要になってきます。 

楽しく作ったものを、売るという形だけでなく、
ショップの定番商品として売れ筋商品を作ることもとても大切だったりするのですが
そんなとき、資材の入手が不安定だったりすると商品作りや注文の入りにも影響が出てしまいます。

私自身もショップを始めた頃、ネットショップで販売する資材がなかなか手に入らず
隣の市まで車で1時間かけて買いに行くこともあったりしたのですが、
小さな利益のためにそんなことをしているうちに
あっという間に交通費(ガソリン代)で利益が吹っ飛んでしまった・・ということも度々経験しました。(汗)

今はハンドメイド資材なんかもネットで気軽に買えるのでお気に入りのサイトを持っておくこともポイントですね。
ちなみに私のオススメはこちらの資材屋さん。
アクセサリーなどの資材を安く手に入れることができます。⬇︎


まとめ


今回は、
ハンドメイド販売を副業にする魅力と
作品販売を始める前に押さえておきたい商品形体のコツ

についてまとめました。

『副業』と聞くと少しハードルが高く感じてしまいがちですが、
身近な方法から服収入源を見つけてみると案外できることが多いかもしれません。

ご自身のスキルを楽しく使って作品販売やワークショップ開催などを通じて
2020年、新たなステージに踏み出していてはいかがでしょうか♪

何か参考になれば幸いです。 
最後までお読みいただきありがとうございました。

P.S.
私のLINE公式アカウントでは、ブログでは書いていない情報も随時配信しています♪
無料でご登録できますのでご興味のある方はぜひ^^
フォローはこちら

* LINEをフォローしてくださった方に、
期間限定プレゼントをお渡ししています。
『売れるネットショップの作り方の基礎講座』無料動画セミナー(30分)
お気軽にフォローしてみてくださいね!(^_^)

スポンサーリンク

併せて読みたい

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 さやか
脱サラ女子として2015年に起業。 インターネットを活用し、のべ1万人以上の国内外のお客様に 商品を販売してきた販売実績を生かして その中で培ったスキル・ノウハウ・マインドを活用し 同じようにハンドメイドでビジネスをしていく方々を応援しています。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』、海外・国内のネット販売セミナー・個人コンサルを実施中です。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ネット販売サポート田口さやか , 2019 All Rights Reserved.